カンジダ性亀頭包皮炎

カンジダ症で取り返しがつかなくなる前に!カンジタ性亀頭包皮炎に効く市販薬(軟膏)

清潔にしてるのに悪化するカンジダ症

なんだか陰部が痒い。『不潔にしているのが原因かも?』と石鹸でゴシゴシ洗浄して様子を見る。

カンジダ性亀頭包皮炎の場合、このような行為が仇となり症状を悪化させてしまうことがあります。悪化させてしまうことがあるというより、悪化するので石鹸で洗うのは禁止と言った方が良いでしょう。

カンジダ菌は真菌の一種で、性質としては植物に近い菌です。私たちの皮膚には常にこういった真菌や細菌などが住み着いていますが、だからと言って日常悪さをする訳ではありません。なぜなら、普通はこの真菌と細菌の勢力は拮抗しており、私たちの皮膚上で大人しく平和に暮らしているからです。

しかし、ペニスや膣内など何かのきっかけで大量のカンジダ菌が繁殖してしまうと炎症が起こってしまいます。その原因は性交が多いですが、カンジダ菌を繁殖させてしまう要因は、湿気、不潔、そして石鹸での洗浄です。石鹸で洗い過ぎるのも良くないのです。

カンジダ菌のように皮膚に根付いてしまったものに対して、石鹸には洗浄能力がなく、表面の細菌ばかりが綺麗にいなくなってしまいます。これが皮膚の世界の均衡を崩し、カンジダ菌の独壇場を作ってしまう原因です。したがって、カンジダ性亀頭包皮炎のときの石鹸洗浄は禁止なのです。

しかし、痒みがある=カンジダ性亀頭包皮炎と疑うのは難しいことです。

何も知識がなければ、ごく自然にボディーソープや石鹸で洗ってしまいます。明らかに悪化していき痒いだけでなく痛くなってきた。亀頭のあたりの垢がぽろぽろと増えて見るからに性病っぽい。

このようになって、しぶしぶ病院に行くのは悔しくありませんか?

それも防げたはずの悪化を自分で引き起こしてしまったのならなおさらです。でも大丈夫、カンジダ性亀頭包皮炎には優れた薬があります。もし、インターネット通販で注文してお薬が届くまで耐えられないのであれば病院に行くことをおすすめしますが、それ以前なら問題なく自宅で治療できるのです。

カンジタ性亀頭包皮炎の優れた市販薬

カンジタ性亀頭包皮炎の原因菌であるカンジダ菌は、石鹸では殺菌できない種類のものです。

水虫の菌と同じで、もし水虫になってしまったら体を洗うだけでなく専用のお薬を使います。カンジダ菌に対しても専用の薬を使うことで、症状を軽減、そして改善・完治へと導くことが出来るのです。

カンジダ菌は水虫菌と同じように湿った環境を好みます。だからこそ大切なのは清潔・乾燥なのですが、清潔にする方法を誤ると悪化したりいつまでも治らなかったりというトラブルが起こります。

そんなトラブルを防ぎ、速やかに治療を始められる専用のお薬が ロテュリミンAF という塗り薬です。カンジダ菌に対して殺菌効果があります。カンジダ性亀頭包皮炎に対し優れた効果を発揮します。

治療の基本は、ロテュリミンAFを塗る前に、陰部をよく洗い乾燥させることです。ペニスを洗うときは、カンジダ菌や水虫の原因菌などを殺菌し、炎症を抑える効果のある ファンガソープ がおすすめです。

カンジダ性亀頭包皮炎は自然に症状が治まることもあります。

しかし、どんどん様子がおかしくなる、『やはり病院に行かなければ・・・』と思うということは、皮膚の環境が悪化しており、すでに自分の力で症状を改善するのは難しい状態だということです。

だからこそ、病院に行くのが面倒だったり精神的に苦痛だというのなら、すぐに専用のお薬を使って治療を始めていただきたいと思います。

性経験がなくても患うカンジダ性亀頭包皮炎

カンジダ性亀頭包皮炎は性病ではありませんので、性経験がなくても罹ることは十分にあり得ます。どちらかというと女性に多く、未成年で性経験がなくてもカンジダ膣炎で悩む方は少なくありません。

病院に行かなければと思う段階まで放っておく理由が分からないと思う方もいるでしょうが、カンジダ性亀頭包皮炎に関して言えば、放っておいたわけではなく、いつもより清潔を心掛けたが故に症状が悪化して戸惑うということもあるのです。

加えて、男性の場合、自分のペニスが包茎だとか、まだ性経験がないということがばれたくなくて病院に行くという選択肢から遠ざかる方も大勢います。

カンジダ性亀頭包皮炎は知識がなければなぜ悪化するのか分からないというところが怖い病気です。性経験がなくても、清潔にしても患い、時には悪化してしまうのがカンジタ性亀頭包皮炎なのです。

仮にネット上でそれらの事実を知ったとしても、羞恥心は納まりませんし、間違った処置をして悪化させてしまったということを医師に伝えるのも億劫です。

加えて医師に性器を見られたくない理由がある、医師にいろいろ聞かれたくない性事情があるのなら、病院に行くという決断から遠ざかっていくのは当然のこと。そんなときのために、通販で購入できるカンジダ性亀頭包皮炎には専用の優れた治療薬があるのです。

取り返しがつかなくなる前に早く治療を

ここで言う取り返しのつかない状況というのは、本当は全然行きたくないのに、それどころか絶対に嫌というレベルなのに、病院を探して受診しなければならない状態のことです。

痒くて仕方ない、痛みがあって下着がこすれるだけで痛い、トイレの度、風呂の度、ペニスに触れるのが辛い。見た目が気持ち悪いなどなど、感じ方に個人差はあるでしょうが、その域になると医師とは言えできれば見せたくないもの。そうなる前に、早く治療を開始してください。

ロテュリミンAFとファンガソープの併用で、十分に治療が可能なのです。

しかし、水虫の治療に長い時間が必要なように、カンジダ性亀頭包皮炎の治療もある程度の根気が必要です。大体2週間程度の治療で治るとされていますが、悪化した状態からならばもう少し時間が必要かもしれません。だからこそ、早く治療を始めることが肝心です。

コツは良くなったと思ったところで治療をやめないこと。カンジダ菌は植物のようにあなたの皮膚に根付いてしまっているので、少々のことでは落ちません。隙があればまた繁殖し根付いてしまう、まさに雑草のようなものなので、良くなったなと思ってからプラス何日か、根気強く治療を続けてください。

姉妹サイトのご紹介
  •