カンジタの症状

カンジダで取り返しがつかなくなる前に!カンジタ性亀頭包皮炎に効く市販薬
男性の方
女性の方

カンジタの症状は放置しないで即時対策

カンジタは体の表面や女性であれば膣粘膜などに常駐しているカンジタ菌が原因で発症します。主な症状としては赤みや痒み、湿疹や腫れなどで、悪化すると痛みを伴うこともありますし、症状が出た箇所によっても若干異なります。

時々、性感染症と誤解している方もいるようですが、性交渉で感染する可能性は高くないようですから、性感染症という認識は誤りになります。性感染症だと誤解されるのは、おそらく性器で起こるカンジタが有名だからではないかと思います。

カンジタ菌は先ほども書いた通り、常に体の表面や体の中に存在している菌で、一定数以上に増えることがないように免疫系でコントロールされています。

しかし、この免疫系が弱っている場合には、カンジタ菌の増殖を抑えることが出来ずに異常繁殖してしまいます。異常繁殖した菌により上記のような症状が現れた場合をカンジタ症と呼びます。

このカンジタは放置しても決して治りませんので、早めの自宅治療をお勧めします。最近ではカンジタ治療に効果的な市販薬も通販で購入することが可能です。

それでも症状が良くならなければ病院での受診を考えましょう。

確かに病院へ行くことは恥ずかしいことかもしれませんが、かゆみを我慢すると日常生活に支障を来しますし、眠っていてもかゆみで目が覚めたり、無意識に掻いてしまい、出血沙汰になることもしばしばです。

カンジタは放置しておくと、どんどんと悪化していく人、逆に症状が軽くなる人などさまざまですが、たとえ症状が軽くなったとしても、カンジタが治まった訳ではないので誤解なさらないようにお気を付け下さい。

放置することでカンジタが慢性化してしまうこともありますし、放置すればしただけ治療も面倒になってきますので、決して放置はしないようにして下さい。

カンジタは市販薬で治す方が良い?

女性がカンジタになって病院に行くとなると、産婦人科を受診するのがセオリーみたいです。行われる治療としては、消毒液みたいので膣を洗浄したり、膣錠を入れたりするのが主だそうです。

病院ということもあって、自分で軟膏を塗るのと違い本格的な治療って感じがします。でも、病院でのカンジタ治療の評判は、実際はあまり良くありません。

Q&Aサイトにも、カンジタの病院での治療に関する悩みが結構あって、それによると洗浄をしたり膣錠を入れてもらったりしても、一時的に症状は改善するものの、すぐにまたぶり返してしまうのだそうです。

これなら、折角時間とお金を使って病院で治療してもらう意味がありません。

そのため、カンジタは市販薬で治すのが無難かつ経済的です。加えて、医者とは言え他人に足を開いて自分の性器を見せるのはちょっと気が引けるものです。

男性の方
女性の方
HOMEへ戻る